嘘を見抜く5つの方法

嘘を見抜く5つの方法

えっ?なんかおかしい・・もしかして嘘ついている?こんな風に相手の嘘を敏感に感じることもあるでしょう。でもなんとなく感じるだけで実際はよくわからないですよね。そこで、嘘を見抜く5つの方法を紹介しましょう。

 

1、早口
まず嘘をついているときに、急に早口になっていないか確認しましょう。あわたようにまくし立てて話すと、嘘をついている可能性が高いでしょう。

 

2、顔を触る
また偽りに発言をするときは、言葉は嘘をつけても手は嘘をつけません。心理的に嘘をつくと顔を隠したくなるものです。旦那が無意識に手で顔を触るようなしぐさをしながらしゃべる場合、嘘をついている可能性があります。

 

3、話が長い
いつも以上に話が長くかったり、聞いてもいないのに言い訳や理由づけが多い・・そんなときも嘘を疑ってよいのではないでしょうか。たとえば、単純に飲み会で遅くなるという話だけなのに、「上司がどうしたこうしたから・・。」などの理由を長々と話したりする場合は気をつけましょう。

 

4、急に優しい
今まで気を使ったり優しい発言などがいっさいないのに、急に思いやりのある発言をしたりプレゼントをくれるという場合も、嘘をついていることがあります。偽りの言動はやはり罪悪感がつくものです。その罪悪感を穴埋めしようとして、優しい言葉を発することもあるのです。

 

5、目をそらす
話の最中に、目をしっかり見ない・・これも嘘を見抜くチェックポイントになるでしょう。どうしても後ろめたい気持ちになるので相手の目を直視できなくなります。話しているときには、相手の目線も気にしましょう。